塩ビ鋼管の延命

スチール材をフープ材から曲げ溶接して鋼管を作るのです。その時塩ビのコーティングを施すのです。この鋼管は、住宅の外構に使われるフェンスの材料となるのです。この鋼管を使ったフェンスは、一番安価なのです。ここで問題になるのは、塩ビとスチール鋼管の接着強度が問題になるのです。この接着剤は、一社しか品質を満足できるボンド作れないことがわかってきたのです。その一社が生産を中止することになったのです。そういうことは、もうこの鋼管は、永久に作ることが出来なくなったということです。まだ世の中から支持され売れている商品をこのようなことで消し去るしかない事態になったのです。結果的には、ボンドを生き続けさせる方法を考えに考え延命を図れたのです。

沢山メーカーのボンドを使用できるか実験を繰り返したのです。鋼管に付く接着強度の品質基準があり他社製は、どうしても基準をクリアできないのです。どうしてもクリアできなければ、品質基準を落としていただくアプローチをかけるしかない状況に追い込まれたのです。ところがその一社しかない業者がこのボンドの製法を他社に売るという行為に及んだのです。このボンドは、現行ボンドと遜色がなく成分製法が同じで接着強度も品質基準を全うできるものなのです。その販売先と契約してボンドを購入する手続きを即実行に移したのです。実際このボンドを使って量産にこぎつけ、安価な塩ビ鋼管のフェンスを販売することを実現させたのです。塩ビ鋼管の需要はまだまだあり延命できたことは、喜ばしいことです。